債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理があります。

中でも、債務整理における任意整理はメリットが多くデメリットが少ない方法です。
まずはメリットですが、任意整理は、整理する業者と整理しない業者を自由に選択できます。そのため手放したくないローンは支払いを続けることができるのです。

例えば、ローンで購入した家や車を手放す必要はありません。


また携帯電話も機種代金を分割で支払っているとローンとみなされるのですが、支払いを続けることで携帯会社独自のブラックリストにはのりません。
任意整理の対象とした消費者金融などの一部の債権者からの督促のみがストップします。
そして利息制限法の計算により、利息カットや借金を減額できます。
取引期間が長ければ、過払い金が戻ってくる可能性もあるのです。

立川の弁護士に関する企業の一覧です。

利息制限法では規定される金利の15%~20%を超える支払いをしていた場合、 過払いとされ再計算することで、借金を減らすことができます。
また裁判所を通す必要がないため、手続きに関わる費用や労力が少なくてすみます。

次にデメリットですが、任意整理は返済が可能な収入状態でないと話合いに応じてもらえません。また信用情報機関に5年間ほどは登録されるため、新たな借入れが困難になります。

Ameba Newsをあなたに紹介致します。

携帯電話の使用は前述の通り可能ですが、機種変更時は機種代金を一括で購入する必要がでてくるかもしれません。
そして任意整理の対象としたローン以外は、支払いを続ける必要があることです。



こういった観点から債務整理のどの手続きをとるか検討する必要があります。